ミニマリストでいたい私は

基本的には生徒さんにも

「必要な食器が揃ったら
もう買わなくてもいいですよ、
なるべくあるものを
つかいましょうね。」

とお伝えしていますが

生徒さんから

「特に気に入って使っていた物では
ないので
この機会に素敵な食器に替えても
良いなぁと思っています。

残りの人生は素敵な物に
囲まれて生活したいと思っています。」

「先生のコンセプト

「今、ある物を使う!」は

忘れて頂いても大丈夫です(笑)」
と言われることがあります。

そこで

+.——゜+.——゜.+.— +.——゜+.——゜.+.—

食器を買い替えるタイミング

+.——゜+.——゜.+.— +.——゜+.——゜.+.—

についてご紹介しますね。

食器って割れない限り使えるから
ついつい使ってしまうけれど

日々の食卓を充実させていくには
買い替えたほうがいいこともあります。

食器買い替えの3つのタイミング

①使っていない

②気に入っていない

③傷んできた

この3つの食器は

買い替えるタイミングですね。

①使っていない

いくら高級で

思い入れがあっても

使っていない食器は

多分今後も使わない💦

最終判断は
生徒さんにおまかせしますが

手放しても大丈夫ですよと
お伝えします。

お嫁に出したほうが
大事にしてもらえるかもしれないし

すっきりとした収納の方が
日々の食卓の準備のストレスが
減りますよね。

私は過去に
フランスで購入した
とても素敵な赤いワイングラスを

持っていたのですが
使わないんです。

1年に1回登場するかどうか・・

でも場所をとる。

というわけでバザーにだしました。

②気に入っていない

生徒さんの食器に
質問すると

「安いからとりあえず買った」

「いただいたから
とりあえず使っている」

と聞きます。

それらの食器に
愛着がもてないようだったら
手放した方がいいですね。

食べることは毎日のことだから
器にこだわると
お料理は美味しく見えるし
心の満足度が変わります!

高い食器じゃなくていい
値段に関係なく
お気に入りの食器を使ったほうがいいです。

③傷んでいる。

食器の欠けはもちろん

お皿にカトラリーの傷、
黒い線がでてきたら
買い替えを考えてもいいですよね。

センスよく魅える
ルールや法則が
理解できると、

食器や小物をたくさん増やさなくても

いろんな
テーブルコーデやお料理
センスアップできるからね💓

お気に入りの食器を揃えて
日々の食卓も
おもてなしも楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。