お皿とお皿を重ねるものを
Wソーサー(ダブルソーサー)といいます。


☆Wソーサーの使い方ですが

アメリカの大皿料理のおもてなしでは

アペタイザーやサラダなどを
1枚目のお皿にのせ

温かいお料理がでてきたときに
ホストの方が1枚目のお皿を
ひいてくださいました。

そして下のお皿に
温かいお料理をのせて食べました。

最初から何枚か重ねておくと
お皿をひくたびに
新しい替え皿をもっておく必要が
ないので楽ですよね。

☆私の使い方

私が個別サーブでおもてなしするときは
(一皿ずつお料理をだすこと)

あらかじめ用意していた
小さめのお皿に
スープをのせてサーブし、

上のお皿をさげて
次のお料理をだし

最後のプレートは
デザートプレートとして利用します。

お茶会のテーブルのときは
お菓子の量がそれほど多くないので
Wソーサーの下のお皿は使いませんが
ランチョンマットとの大きさのバランスを考えて
置いています。

Wソーサーの上には
お料理やお菓子をのせますが
下のお皿は
アンダープレート変わりにしたり
臨機応変に使っています。

☆重ねるお皿のバランス

食器をシリーズで購入すると
お皿の大きさのバランスが
最初から計算されているのですが

自分で購入するとなると
違う種類をあわせるので
アンバランスになることがあります。

ですので違う種類、ブランドのお皿も
大皿と中皿のサイズの差は
4~6㎝ぐらいがきれいに見えますよ。

2㎝ぐらいだと
Wソーサーをしていても
差があまりでません。

★重ねる枚数

一般的にはWソーサー、2枚重ねが
多いのですが

あまりに重ねると違和感を生じるので
トリプルソーサーまでに
おさめておくといいですよ。

手持ち食器でもできるので、トライしてみてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。