テーブルコーデは
何もないところからは
もちろん生まれないのですが

たくさんの食器や小物を
テーブルコーデのために
揃える必要はないと私は考えていて

よく生徒さんにも
最初の食器の揃え方で
おひとりおひとりにあわせて

「このアイテムがあると
あなたのテーブルや食器は生きるよ」

と伝えた後は

このコーデを作るから
この小物を買ってください、とは言いません。

生徒さんからのお言葉も
本当に嬉しいです。

確かに、
ゼロからは何も産まれないので……
最初に


生徒さんの手持ち食器や
ティストにあう
使いまわしができる
食器や小物を揃えます

  • 白皿
  • ランチョンマット
  • クロス
  • キャンドルホルダー
  • キャンドル
  • 花瓶
  • ナプキン

など

生徒さんによっては
白皿があるけれど
プレーンになっちゃう方には

トレンドやオシャレさを演出できるスレートや

カクテルグラスをご紹介します。

そして
この基本の食器が揃ったら

つぎは

あるものを使う

なにそれ、答えじゃないんじゃない?
と思われるかもしれませんが
本当にそうなんです!

だから生徒さん
みんな家中、使えるものがないかな?
って探しだします(笑)

本当にあるものでできるんです!

私は簡単にモノを買いたしません。


本当に気に入った、使えるモノを
自分がコントロールできる量だけ持っている方が

モノを探す手間も省けるし
モノを大切に使える気がします。

だからモノを買う前に
まず手持ちアイテムを生かすことを考えます!

こんな使い方の発想がない!と
昨日も何度も言われましたが
一回一緒に手を動かすと
他のパターンでも使えますよね?

私の場合はただのテーブルじゃなくて
そこにオシャレー!という感動を生み出したいので

そこに
センスよく魅えるルールや法則を使うのですが、
食器や小物をたくさん増やさなくても

いろんな
テーブルコーデやお料理の
センスアップってできるんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。